無料登録はコチラ

保育園採用 > 保育園の年間行事 > 保育園の個人面談

保育園の個人面談


保育園の個人面談とは?

保育士として保育園で働いていくときには、色々な行事を熟していかなければいけません。
そして保育園の年間行事の一つに個人面談があり、保護者と面談することによって、子供の保育園での姿や体の様子などを報告します。
個人面談を行う狙いとして、担任となる自分のことを知ってもらうことも重要となり、子供だけのことを話す場ではないことを理解しておきましょう。

保育園での様子を伝えるときは、着替えやトイレなどの、家庭でも大切になることを伝え、それを家庭でも生かしてもらえるようにすると良いでしょう。
子供が一緒に遊ぶ友達のことや、どのような遊びに夢中になっているかを伝えることで、親同士の繋がりにも良い影響を及ぼすことができます。
また保護者の子育て観を参考にすることで、保護者に良い印象を与えられる保育士になることもできますので、個人面談を良い機会に聞いておきましょう。

保育園全体のことを質問してくる保護者もいますが、返答に困ったときは即答しないで、後日返答するように伝えておくと、誤解を招くことがありませんし、正しい返答ができるからです。
疑問や不安がある時も同じように対応すると良いのですが、答えられそうなことは、なるべくその場で答えていたほうが安心しますので、予想される不安や疑問などの答えをある程度考えておくと良いです。
保育士は個人面談を通して、保護者との信頼関係を築いていけるように努力する必要があるのです。

個人面談の流れについて

個人面談を行うときは、まず面談の進行について説明し、終了予定時間を必ず伝えるようにしましょう。
最初は子供が保育園でどのように過ごしているのかを話し、必要に応じて家庭での様子を聞いてみます。

そして保護者に質問や要望などを聞き、適切な対応をしたら、意見交換や伝達事項があれば伝えておきます。
最後にお礼の言葉や一緒に頑張りましょうという言葉をけると良い印象を与えることができます。
保育士になったときの参考にしてみてください。

保育士の求人サイト ほいく畑

保育士・幼稚園教諭の求人探しならほいく畑。
保育士・幼稚園教諭の求人情報を多数掲載し、千人のキャリアコンサルタントが保育士・幼稚園教諭での派遣就業や正職員での就業をサポートします。