無料登録はコチラ

保育園採用 > 保育園の業務内容 > 保育日誌・連絡帳

保育日誌・連絡帳


保育日誌・連絡帳の書き方

保育日誌・連絡帳の書き方

保育日誌や、連絡帳は、どのように書いたらいいのか悩んでしまう人も少なくはありません。
保護者との直接のやり取りができる場所だからこそ、新しい先生にとっては悩みの種の一つです。

しかし、保育日誌や連絡帳には、正しい書き方というものはありません。
園によって細かいルールが違いますが、一般的には食事、睡眠時間、体温などを記載します。
また、フリーコメントランがあるので、一日の子供の様子をお知らせします。

保育日誌や連絡帳で大切なことは、愛情を持って子供たちの様子をかき示していくことです。
保育日誌を書く業務上の理由もあるので、しっかりと一人ひとりの子供が今日出来たことなどを頭にとめておかなければなりません。
特に記憶に残ったこと、どんなことで喜んでいたのか、何が好きだったのかなどを保護者にお伝えしましょう。

保育日誌や連絡帳には、それぞれの親御さんにお伝えすることを示したいときにも使えます。
子供の持ち物や注意点など、何かと伝えることは沢山あります。
貸したもの、持ってきてもらいたいもの、細かい注意点などは、口頭だけではなく書いておくとお互い忘れません。

保育日誌・連絡帳で親御さんとのコミュニケーション

保育日誌・連絡帳は、一種親御さんとのコミュニケーションを図れる大切な場所です。
子供の家庭内、園内で円滑な保育が出来るように、話し合いが出来ます。

その日に食べた物、好きなもの、寝た時間、起きた時間などを書き示し、一日一日の成長の記録になります。
昼寝の時間がずれたり、食べ物や遊びの中で起こった重要なことは、お互いに知らしあうことが大切です。
何か注意点があればコメント欄に残すことが出来て、後から見返すことも可能です。

一日一日の過ごし方がとても大切な幼少期です。
どれだけ親御さんと協力しながら、子供の成長を見届けられるかは、保育日誌や連絡帳でのコミュニケーションのとり方にもかかってきますね。

保育士の求人サイト ほいく畑

保育士・幼稚園教諭の求人探しならほいく畑。
保育士・幼稚園教諭の求人情報を多数掲載し、千人のキャリアコンサルタントが保育士・幼稚園教諭での派遣就業や正職員での就業をサポートします。