無料登録はコチラ

保育園採用 > 保育園で採用されるには > 私立保育園の採用試験対策

私立保育園の採用試験対策


私立保育園の採用試験対策とは?

保育士になるのが小さい頃からの夢だったという人は、保育士の試験に合格したことで喜ぶと思います。
しかし保育士の資格を取得しただけでは、保育士になった実感が沸かないと思いますので、保育園で働いて実感してください。

そして保育園には私立保育園と公立保育園がありますが、私立保育園は同じ保育園で働き続けることができるというメリットがあります。
この私立保育園で働くためには、園の採用試験を受けて合格しなければいけませんが、採用試験の対策を行っておけば合格しやすくなりますので、対策を行っておきましょう。

対策は専門教養を学び直しておくことと、専門用語を漢字で書けるようにしておくことです。
専門教養は保育指針を暗記しておくくらいで十分ですが、園によっては筆記試験や作文の提出がありますので、専門用語を漢字で書けるようにしておいたほうが良いのです。

面接試験の対策は、見た目で良い印象を持ってもらうために、髪の毛が長い人は結ぶようにし、黒髪にしておくと良いです。
また面接官の目を見て話すようにし、大きな声でハッキリした口調で質問に答えてください。
椅子に座ったときは、股をしっかり閉じて手は脚の上に置くようにしましょう。

最後は笑顔で有難うございましたと言い、面接室をでるときには失礼しますと礼儀正しい対応に心がけましょう。
こうした対策を行っておけば、私立保育園の保育士になれる確率がかなり高くなります。

保育士になったときの子供の叱り方

保育士になったら保育園で子供と接するのですが、時には子供を叱らなければいけません。
子供を叱るときは、まず自分の感情をコントロールすることが重要で、保育士が感情的になり過ぎると怖がってしまうだけだからです。

また長々と叱るのではなく、短く的確に注意すると良く、あまり長過ぎると子供が嫌になって、耳に入らなくなるからです。
叱ることによって子供が成長していくと思えば、どのような子供でも上手く対応できるのです。

保育士の求人サイト ほいく畑

保育士・幼稚園教諭の求人探しならほいく畑。
保育士・幼稚園教諭の求人情報を多数掲載し、千人のキャリアコンサルタントが保育士・幼稚園教諭での派遣就業や正職員での就業をサポートします。